1. ホーム
  2. 採用情報
  3. イチオシ社員
  4. 営業スタッフ

営業スタッフ

top-inoue.jpg

氏名 井上 崚太
所属 営業部
出身校 弘前大学
入社年

平成30年

 この会社を選んだ理由を教えて下さい。

 私は多くの人々に貢献できる仕事、その中でも特に医療業界という人の生命や暮らしに深く関わる仕事に携わりたいと考えていました。そこで、就職活動中に会社説明会に参加し、主に手術時に患者さんに覆い被せるオイフという不織布製品の製造・販売を行なっている会社であることを知りました。病院毎に規格・仕様が異なる特注品の製造が出来る点に強みがあり、またお客様の要望に応じて自分の思うように製品の提案が出来る点に魅力を感じました。間接的ではありますが、多くの人に役立つ仕事であるのと自分ならではのアイデアを反映させることが出来る仕事というところで、私も是非この会社で働きたいと思い志望致しました。

入社後に感じたことを教えて下さい。

 私は現在、hopes営業部の仙台支店に所属しています。新人ということで今はまだ、先輩方に同行させて頂き、病院の医師や看護師、代理店の方々にお会いして現場状況の聞き取りや商品提案の方法を学んでいます。その中でいかにお客様との良好な人間関係を築けるかどうかが大切であると感じました。商品を提案しても全く需要の無いものであれば売ることは困難であるが、また同時に、営業としてお客様と深いコミュニケーションをとれるような関係性がない場合もスムーズな提案は難しいと思います。その点、支店内の雰囲気としては、一人に全てを任せるというよりも全員で協力して押し上げようという流れがあるので、とても風通しの良い雰囲気であると感じています。

今後の目標を教えて下さい。

inoue1.jpg 日々時代の状況や流れは変化しており、病院ごとにニーズもどんどん変化していくと思います。その中で、いかにお客様に寄り添い、ニーズを聞き取り、正確に把握することが出来るかが商品を提案する上でも大切になると思います。そのため、常に情報を収集するのと、それに対応出来るような知識、実力を付けていきたいと思います。今はまだ先輩方に聞くばかりで自ら考えて行動する事が足りていないと思いますが、しっかりと自分の頭で考えられ、そして、「この人と仕事がしたい」、「この人になら仕事を任せられる」と思われるような営業マンを目指し、一日でも早く一人前に仕事が出来るよう頑張りたいと思います。




 女性営業スタッフの取組について

 日本メディカルプロダクツ㈱ 行動計画

女性の営業職を増やし、女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。
現在における営業職における女性の営業職の割合は、7.2%であり、今後の取組として、女性の営業職の割合を11.1%に引き上げるものとします。

1 計画期間
令和元年7月26日~令和3年3月31日

2 当社の課題
女性の応募者が少なく、女性の営業社員が少ない

3 目標と取組内容・実施時期
営業職の女性を現員の5名から8名以上に増加させる

※ 取 組 内 容

令和元年4月~
弊社営業職の応募を増やすため、就活ナビ等の内容を検討し、対応を図る

令和元年7月~
夏季・冬季インターンシップへの積極参加をアピールする
夏季は8月、9月実施、冬季は1月、2月実施を計画

令和2年1月~
大学での学生向け説明会・研究会への積極的参加を図る
(開催予定に合わせた行動計画の策定をする)

令和2年3月~
営業内容を知ってもらうために単独説明会を実施する
(女性のみの参加企画を検討する)

令和2年4月~
女子生徒への工場見学等のアピールを実施する

事業所一覧

事業所一覧へ

日本メディカルプロダクツ株式会社

〒078-8232
北海道旭川市豊岡2条4丁目4番14号
TEL:0166-32-5320
Servision株式会社(CPI)のSSL暗号化通信を実現しています
当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、Servision株式会社(CPI)のSSL暗号化通信を実現しています。